49 愛しき俺のポンコツロボット



side Y









「一緒にいたら俺の、負担になるって…?そんなの誰が決めるんだよ!?勝手に決めんなよ!!何が負担かどうか決めるのは俺自身だぞ、チャンミンが決めるな!」



「うえぇぇ…っ…ひっぐ…ヒクッ…」



「俺にとってはっ、お前がいなくなることの方がよっぽど負担なんだよ!!!そばにいてくれって…言ったの忘れたのか?それとも、もう俺のところにいるのは嫌になったのかよ?」



「うぇぇぇっ、ぢがうううっ…ぼく、ゆんほさまのところに、いだいいいいっ…」



「だったら…ッ…、つまんねーことで、不安になんのやめろよっ!俺が、ずっとそばにいるって言ってんだろ。それじゃ不満か?」



「ううううぇぇ、ゆんほさまああっ、ごめんなさいいいっ…」



「うん…。わかればいいんだよ。…お前が、連れていかれる前で良かった。」








びーびー泣きじゃくるチャンミンを車から抱き上げてやる。


すると、着ているスーツが皺になるくらい強くしがみついて来た。












俺は、そばで呆然と俺たちのやりとりを見ていたメーカーの2人に向き直る。


そして、俺はチャンミンを側に立たせたあと、膝と手を地面にをついて頭を下げた。










「このロボットに不具合があることは承知しています!今後何か問題があるかもしれないことも理解しています…!それでも!!俺にはこの子じゃなくちゃダメなんです…!!契約は今まで通りで構いません代金は支払います…!だから…どうか、この子を…チャンミンを俺から奪わないでください…!!お願いしますッ!!」






「おっ…!!お客様!!!!」






























ーーーーーーーーーー

男を見せるユンホ様!!






↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR