48 愛しき俺のポンコツロボット



side Y




大声でチャンミンの名を呼んで、車の窓を叩き続ける。




チャンミンと離れ離れになるなんてこと…考えただけで、

俺はもう半泣きだった。










俺のあまりの取り乱し様にびびったのか、はたまた同情したのか。

メーカーの人はスライドドアにしがみついて崩れ落ちた俺に手を貸して立たせてくれた。














「お客様…、大変申し訳ございません…。お客様のお気持ちも考えずに…我々の都合だけで、勝手に…SIM0218を…回収しようと、」




「中に…、いるのか?」




「はい…。申し訳ございません……。今、開けますので…。」
















ガラガラ…と静かに開けられたスライドドアの中には、


泣きじゃくるチャンミンが縮こまって座っていた。











「チャンミン…ッ!!!!」



「ゅ、んほ…さま…っ」











蚊の鳴くような声で俺を呼ぶ小さな子を、力一杯だきしめた。



抱きしめても、抱きしめても足りないくらいだ。



絶対に…離したくない。












「バカチャンミン…ッ!なんで俺に何にも言わないで…メーカーの人に勝手について行くんだ!それとも、無理矢理車に乗せられたか?」




「だって……だって……」




「だって、何だよ…!!言ってみろよ、バカ!」










ひくひくとしゃくりあげた泣き声は、少し枯れ始めていた。










「だってぇぇ…ぼ、くは…ふりょうひん…だから……ぼくが、いたら、ゆんほさまの……ふたんになっちゃうからぁぁァ…ッ」








びええっ…、まるで赤ん坊のように泣きながら、


悲しそうに絞り出した声で。








まだ、お前はそんな事言ってる。


不良品だからって…自分のことを…そうやって、また。









あんなに、言って聞かせたじゃねーかよ。


お前にそばにいてほしいって、


お前じゃなきゃ、ダメなんだって…。








まったく…何を聞いてたんだよバカチャンミン。


































ーーーーーーーーーー


ピーピー泣くチャンミン可愛くって好きなんです😭

たくさん泣かせてごめんねロボチャミちゃん…😭







💬コメント返信💬

>y*****さん
コメントありがとうございます!!!
ユンホ様無事にロボチャミに会えました〜!!
よかったよかった〜(展開早すぎ)


>m***さん
いつもありがとうございます☺️
ユンホ様ちゃんとロボチャミを守ってあげられるのか!!
とりあえず無事に会うことは出来ました!!笑





↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR