34 愛しき俺のポンコツロボット



side C









お前じゃなきゃ嫌だ



お前を手放すつもりはない



お前がいてくれて良かった










ぜんぶ、ユンホ様が僕に言ってくれた。

生まれて初めて言われた…ぼくを幸せにしてくれる言葉。






僕は部品欠如による不良品ロボットだって…、

メーカーの人に言われてしまって…。




前々から、なんとなく自分は不良品なんじゃないかって気づいてたけど、

ハッキリと事実を突きつけられてしまうとやっぱりつらかった。









僕がメーカーに引き取られたら、


代替機がユンホ様の家に行くと聞いた瞬間、


目の前が真っ暗になって…自暴自棄になってしまって。






不良品の僕なんか、


いたってユンホ様の迷惑になるだけだから


僕なんてもう居ないほうがいいって








そう思ってしゃがみ込んだエレベーターホールで、

ユンホ様が言ってくれた。





『 お前じゃなきゃ嫌だ 』


『 お前を手放す気はない 』




って…








それを聞いたら…

とても悲しい気持ちだったのに…すごくすごく嬉しくなって…




やっぱり僕ユンホ様のところにずっと居たいって、そんな気持ちになって。




優しく抱っこしてくれた温かくて大好きなユンホ様に、

僕は必死にしがみついていた。

























ーーーーーーーーーー

優しく包み込んでくれるユンホ様が好きでたまらないロボチャミ💖




↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR