26 愛しき俺のポンコツロボット



side Y













「ぐすんっ……ぐすっ……」












ああ、ごめんなチャンミン。

お前が不安に思ってること…全然わかってやれてなくて。






他のロボットと比べられることを、こんなに怖がっていたなんてちっとも気づかなかった。


自分のことを、はっきりと『ダメなロボット』だなんて言わせてしまったことがすごく悔しい。









「チャンミン…、泣くな。大丈夫だから、俺は絶対他のロボットが良いだなんて思わないから。な?」







小さな体をひくひくと揺らすロボットの瞳からは…ポロポロと、涙…のような液体がこぼれ出す。

それは、あんまりにも悲しそうで寂しそうで。






これまでも、こうして自分が要らなくなった時のことを思っては…不安で泣いたりしたんだろうか。

この子の悲しみを、受け止めてやれる人は居たのだろうか。













「チャンミン…、大丈夫、大丈夫だよ。よしよし、安心していいからな…。俺にはお前だけだよ…。」





「ゆん…ほ…さま…」














膝をついて、そっと抱きしめて。

静かに背中をトントンとたたく。




まるで赤ん坊を相手にしてるみたいだけど、

ずっとずっと不安の中でポツンと立っていたこの子は、

これくらい甘やかしてやるのが丁度いい。












チャンミン…、






チャンミン…。






大丈夫だよ。





俺が、ずっとお前のそばにいるから。
























ーーーーーーーーーー

泣かないで泣かないで大切な瞳よ…😭










↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR