22 愛しき俺のポンコツロボット



side Y








「ユンホ様…、ぼ、ぼくもここで寝ていいのですか?…やっぱりぼくはソファーで…」






ベッドメイキングするとか張り切っていたけど結局うまくできなくて、ぐちゃぐちゃのまんまのベッドの上。

俺はチャンミンの小さな体をすっぽりと包み込んで眠りにつこうとしていた。





突然俺に抱っこされてベッドに引き摺り込まれたチャンミンはオロオロとしていて、

やっぱりソファーで寝るとかなんだとか言って騒いでいるけど、離してやる気はない。








「俺がいいって言ってるんだからいいんだよ。今日からチャンミンも一緒にベッドで寝るの。これ、雇い主の命令だからな!」


「えっ…毎日、ユンホ様と一緒に…ベッドで…?///」






びっくりして目をくりくりさせているチャンミンがかわいかった。



あんまり温かい家庭には慣れていないみたいだから、なるべく俺が優しくしてあげたい。



もちろん家事はそれなりにやってもらうけど、

お手伝いさんって言うよりも本物の家族のような存在でいて欲しいんだよな。







「そ!もう、決定だから。…あ、それから、俺明日からは会社だからな。朝は6時半くらいに出て行くけど、お前は寝てていいから、」


「えっ!!?ダッ、だめですよぅそんなの!ぼくも早起きしてユンホ様をお見送りしますっ…!!!それがぼくの役目なんですからっ!!」


「…ふふっ」





ガバッと起き上がって、俺をお見送りするんだと

鼻息荒く意気込んでいるチャンミンが面白くて、俺は吹き出してしまった。




明日からの1週間も、死ぬほど忙しくなるだろうけど、

この子が家で待っていてくれるなら…きつい仕事も頑張れそうな気がした。


























ーーーーーーーーーー

なんだか幸せそうな2人💖






トンツアーのグッズが発表になりましたね✨何を買うか迷います…😭

皆さんは何を買う予定ですか!?湯のみと茶碗欲しいなぁ…




↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR