6 愛しき俺のポンコツロボット



side Y









ポカポカポカ!!







「悪かった!悪かったよッ!!…お前がっ、あまりに人間にそっくりでロボットに見えなかったから確かめたかっただけだよ!ボタンとか押さないから!!だから殴るなって!」




やっとの事でチャンミンの両腕を捕らえて、殴るのをやめさせる。







「2度とっ、僕の背中にッ…触らないでくださいっ……!!」


まだ涙ぐむ瞳でじっと見つめられてそう言われたらなにも言えなくなる。






「ああ、わかったよ。もうお前の背中には触らないよ。」


「そうしてくださいっ!」






ったく…初日から問題ばかりだ。

なんなんだこのお手伝いロボットは…黙って家事をやってくれりゃいいのに…。

だいたい、俺が契約したロボットなのに、機能の説明とか無いのかよ。不親切だな。







「…はあ。あのさ…、俺は一応ちゃんと契約書を交わしてお前に来てもらったわけだから…なんか事前の説明とかないわけ?ロボットの取扱いの注意とか、説明書とか何もないのかよ?いきなり身1つでやって来て、なんの説明もなしにお手伝いロボットですって…いくらなんでもあやしすぎるだろ?」




「え…、説明……?あっ、最初の説明するの忘れてた…。」




「はあ…!?何だって?」




「だっ、だから…最初のロボット取扱いに関する説明を伝えるの、忘れてたって言ったんです…!!」









おいおい、大丈夫かよこいつ!?しかもちょっと逆ギレしてるし…!!

お手伝いロボットなのに、随分適当なヤツだな…!










はあ…。

なんか、本気で不安になって来たかも…。

























ーーーーーーーーーー

忘れん坊ロボットのチャンミン…




↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR