3 愛しき俺のポンコツロボット



side Y








ピンポーン




「おっ!?ついにお手伝いロボが来たか!?」














次の日は土曜日で、俺は朝からロボットの到着を待ちわびていた。



チャイムが鳴ったので、インターホンの画面を確認したけど、何も写っていない。



ん…どういうことだ?



イタズラか?













不思議に思い、そっと玄関のドアを開けてみると……




「あ!チョン・ユンホさんのおたくですか!?おはようございます!!」










そいつは、いた。

玄関の前、俺が置きっ放しにしていたビニール傘を使わないとインターホンのベルを押すことができないくらい背の小さい、見た所5、6歳くらいの男の子。







「え…、君、誰?このマンションに住んでる子かな?…ったく、イタズラしちゃダメだろ?」


俺はてっきり、近所の子供がピンポンダッシュ的なイタズラをしているのかと思ったんだけど…









「むっ!ちがいます!!僕は子供ではありません!チョン・ユンホさんのお世話をしに来たお手伝いロボットのチャンミンです!!」



「………は?」



「本日から僕が責任を持ってあなたの身の回りのことをさせていただきます!どうぞよろしくお願いします!」



「…ッ!?えええ!?お、お前がお手伝いロボット!!???」









少し生意気に口を尖らせてお辞儀をしたこのガキンチョがお手伝いロボットだなんて…!


冗談だろ…!!???
























ーーーーーーーーーー

お手伝いロボットチャンミン登場!



どうやら私はショタ(男児)が出てくるお話が好きなようです。

またまたショタ話にお付き合いください…😂






↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR