2 愛しき俺のポンコツロボット



side Y








「はい、はい。では契約期間は明日からで問題ありません。はい…、引き落としは給与口座で、ええ、構いません。」








俺は、お手伝いロボット契約の案内を見てすぐに飛びついた。



契約にあたり、もちろん個人での費用負担はあるけれど、半分は会社が負担してくれるのが魅力だ。

しかも、希望し続ける限りずっと、定年まで。





まずはトライアル期間があって、特に問題が無ければその後ずっと契約を継続することができるらしい。

とにかく何でも良い、ロボットでも猫でも良いからとにかく家事を誰かに任せたかった。







「では、その…えっと、お手伝いロボットさんは…、明日から~、うちに来るんですよね?えっと…それは配送か何かで…?え?徒歩でここまで来るんですか?へえ…そうなんですか。」






そのお手伝いロボットとやらは、ついに明日から我が家に来てくれるようだ。

しかも…歩いてここまで来るらしい。




変なの。

普通、ロボットが家にやってくるって言ったら…段ボール箱とかで送られて来て、開封して…自分で起動して…って感じじゃないのか?



ドラマとか映画の見過ぎかな、俺。







まあいいや。

とりあえず!明日からは飯の心配も、掃除も洗濯もしなくていいんだ!!!



嬉しい…!!!























ーーーーーーーーーー

お手伝いロボット契約を決めたユノ☺️







↓ランキング参加しております💕気に入って頂けたらポチお願いします❤️




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くちゃ

Author:くちゃ
ホミンがだいすき、いつも癒されて元気をもらっています。そんな2人のあまくて幸せな話を書いていきたいと思います。@kucha_hominloveでtwitterもやっています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR